展示会用キャリー for パリ・NEKO・コレクション2017

3月8日~3月14日まで、渋谷Bunkamuraで開催されている

パリ・NEKO・コレクション2017』に、お客様が出展されています。

兵庫県の酒問屋さん、光明兼光本店様です。

社長の内海様は、お酒のボトルに彫刻、着色を施しての販売もされているそうです。

展示の作品は、”NEKO(猫)”がテーマで、

とてもアーティスティックな作品となっております。

パリ・NEKO・コレクション2017_ワインボトル

こちらはワインボトルです。

私は、個人的に、いちばん左の黄色と赤の作品が、スペインぽくて好きです。

 

パリ・NEKO・コレクション2017_清酒

こちらは、清酒の瓶に彫刻した作品です。

可愛らしい感じですね。

しろまるひめは、ゆるキャラでしょうか。

日本酒が好きなので、瓶の中身も気になるところです。

飲み終わったあとも、お部屋に飾ったり、お花を飾ったり、いろいろ楽しめますね。

是非、展示会に足を運んでみてください。

写真の他にも素敵な作品に出会えるかもしれませんよ。

 

今回、内海様から、この作品を運ぶためのキャリーケース製作のご依頼をいただきました。

お問合せいただいたときは、まさか展示会の作品を搬送するとは思ってもいませんでした。

てっきり、営業でいろいろ回られるときにお使いになられるのかなと。

瓶のサイズを確認するために、同じサイズの瓶を送っていただいて、

内海様がご用意されたイメージ図を基に、

緩衝材のサイズ、デザインとキャリーケースのサイズを決めさせていただきました。

今回はキャリーケースも手配しました。

ケースの在庫の関係上、3台とも違うカラーになってしまいましたが。。。

black suitcase

普通に市販されているスーツケースです。

色は、写真のガンメタリックと、ネイビー、ダークレッドがあります。

なかなか渋めのステキな色合いでした。

で、中の緩衝材は。。。

彫刻ボトルin緩衝材

内海様に写真を送っていただきました。

素材は、ポリエチレンフォームLD-45黒を使用しています。

低臭・軽量LDPE(低密度ポリエチレン)フォームです。

サイズも大きく、中にお酒の入った瓶を入れるので、

緩衝材自体が重くならないように、

また、ケースを開けたときに、ポリエチレン独特の臭いが気にならないように、

LD-45でご提案させていただきました。

展示会用キャリーケース

右側の清酒の瓶は、立てて7本収納、

左側のワインボトルは、上下2段で、1段に各4本、合計8本収納できる仕様になっています。

下の段はケースに固定、上の段はリムーバブルになっています。

 

スーツケースは、キャスターや取手など、いろいろな部品の凸凹があって、

緩衝材のサイズ決めが難しいところです。

ケースのサイズに収まっていても、

内部の凹凸に当たって閉まらない!ということもあります。

かといって、スカスカだと中で物が遊んで、散乱してしまうなんていうこともあります。

収納物によっては、中で破損ということもありますので、

どんな材質で、どんな使い方をするのかなど、いろいろ考えてデザインしています。

採寸から、デザイン、サイズ調整、製作といった作業を経て、

1つの緩衝材が完成したときは、

達成感もあり、製作に関わってくれた人への感謝の気持ちでいっぱいです。

出荷のときは、手放すのがさみしくなりました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*