在庫管理

 皆様こんにちわ。


最近寒くて朝がかなり辛いざっきーです。


 

今回は、先月に小松市にある工場を持たないメーカー、

M・Y㈱様に在庫管理についての工場見学をさせていただいた時の内容を軽くお話致します。


 

会社に入ると事務所・現場の方々共に気持ち良く挨拶していただきました。

社員さんが元気だと、きっと会社も活力があるのだろうと感じました。


 

早速、工場を見せていただくと、率直な感想は整理整頓が完璧に行き届いていました。


整然と棚に並べられているストック品。


独自で作り上げた在庫管理システム。


特に驚いたのは3ヶ月毎の棚卸しです。


 

一度目(3ヶ月後)の棚卸しで在庫状況に変化が無い場合、

 

赤色のシールを製品在庫コンテナに貼り付け、その品番が動いていなかったことを示す。

 

ピッキング担当者から営業担当者にこの情報が展開され、お客様にヒアリングが入る。

 

二度目(半年後)の棚卸しでも上記と同様に製品が動いていない場合、

赤シールから黒シールに貼り替え主要棚から移動させる。

再度お客様にヒアリングし今後の動向を伺う。

無駄な在庫品は置かないよう徹底されておりました。

 

かなり省略して書かせていただきましたが他にも素晴らしいところがたくさんありました。


今回M・Y㈱様の良いものを吸収していけたらと考えております。


 

他にもたくさん勉強させていただきたいので

「我々はこんなことしてるよ~」

「こんな会社しってるよ~」等ございましたら

御連絡いただけると幸いです。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*