イヤーパッドを作ってみた

イヤホンの耳に当たる部分に付いていたスポンジがボロボロになったので、

在庫のウレタンフォーム、F-2を使って新しいのを作ってみました。

F-2で作ったイヤーパッド

マシニングセンターでの切削加工です。

少しわかりにくいかもしれませんが、

内側には溝が入っています。

苦労したのは、刃物の高さ調整とデータ作成です。

計算してデータを作り込んでも、

材料の抵抗によって満足な結果が出ず、

修正の繰り返しでした。

材料の固定も大変でした。

イヤホンのスポンジ加工

試行錯誤を重ね、苦労の末の完成品をイヤホン本体にセットすれば、ほら、この通り。

ウレタンフォームは連続気泡なので、水や空気を通します。

だから、ちゃんと音も聞こえます。

本体が壊れない限り、これからもずっと現役です!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*